• 音楽アプリ「INTEMPO」と提携!

    リズムに乗って歩くだけで

    乗りたい電車に間に合う音楽プレーヤー。

    140曲のアーティストカタログを提供。

    日本最大級のアプリコンテスト「Mashup Award」の優秀賞、駅すぱあと賞、New Music Experience賞のトリプル受賞を果たした大注目アプリです。

    ▶︎プレスリリース記事

     

     

     

  • 活動紹介

    手がけるプロジェクトの一例です。ポートフォリオもご覧ください。

    渋谷で5年目を迎えるオープンマイクイベント。

    派生イベントも多数誕生しています。

    ラジオ番組

    宇田川ガリバー哲男のBIG FISH FACTORY

    東北4県(福島・宮城・秋田・青森)9つのFM局で放送中。

    日本国内唯一の屋外のビートボックスバトルを中目黒で開催。

    全国大会の上位入賞者、テレビなどでも活躍中の若手プレイヤーが集結。

    気仙沼を中心とした東北支援をしているマルシェ。

    音楽ステージで出店しています。

    宮城県亘理町で開催した、いちご農家応援イベント。

    映画館でライブと謎解きゲームを行い、テレビ、新聞、雑誌に掲載。

     

    新しい音楽との出会いを提案するファッション誌。

    電子書籍としてドコモのdブックストアで発売。

    ナカメサンセットステーション

    1週間にわたり、町の花見案内ブースを設置。17組のアーティストのトーク&ライブショーを実施。

  • ポートフォリオ

    関わったプロジェクトが動画でご覧いただけます。

    1.5次会形式のウェディングの受付を開始しました。レセプションを兼ねた模擬ウェディングイベントの模様です。

    埼玉県の障害者スポーツ普及啓発のための動画を作成しました。

    小学校〜高校生のキャリア教育メニューとして、音楽プログラムを実施しています。作詞、作曲、レコーディング体験を通じて、自己表現力と自由な発想を養います。

    学童保育に音楽とライブペイントを取り入れたプログラムを実施しています。

    日本とフィリピンのアーティスト、総勢13組によるコラボ曲「Favorite Song」「Share Happiness 2014」「Ocean」を企画・制作しました。

    2014年8月にフィリピンのマニラで国際交流フェス「Artist Market in Manila」を企画・制作・運営しました。

    仙台のアーティストのコラボレーション曲と「Share Happinessプロジェクト」を企画・制作し、売上が募金になるキャンペーンを行いました。

    SUNTORY様とお台場の4つのホテルのキャンペーン企画に音楽と映像で協力しました。

    JR蒲田駅前の「クリスマスコンサート at KAMATA 2013」で行ったArtist Marketによるショーです。

    町おこしプロジェクトとして、JR蒲田駅前で総勢27名のアーティストによるストーリー仕立てのショーを行いました。

    東日本大震災で被災したいちご農家を支援する活動をしています。

  • 特定非営利活動法人日本アーティスト協会

    日本アーティスト協会(Japan Artist Association)は、

    アーティストの力を社会に生かす参加型音楽団体として

    表現者の活動を、国内外の教育・社会福祉・まちづくりの現場にマッチングし役立てる活動を行っています。

    理念

    「やりたいをかなえる やりがいを生み出す」

    若者がやりたいことを叶えるために、あらゆる可能性を追求できる団体でありたいと思っています。

    私たちが社会にまだない職業や役割を確立することで、表現者を志せる文化を実現したいと思っています。

    ミッション

    異業種とのコラボで社会の課題を解決する
    アーティストの社会的地位を高め、職業化する
    誰もが社会参加できる仕組みをデザインする
    作品制作の仕組みを再定義する

    事業内容

    企画・制作

    キャンペーンから、教育、社会福祉に役立つプログラムまで、幅広いニーズに対応しております。

    音楽・映像制作、機材一式の手配もワンストップで実現できます。


    人材育成

    音楽教育を社会人のセルフブランディングに役立てます。

    個性の出し方、自己表現のトレーニングのメソッドを提供します。

     

    教育支援

    世界の音楽と教育システムには密接な関係があることから、通信制高校・専攻科と提携しました。

    海外の教育理念を取り入れ、自立支援・職業訓練プログラムを学歴と平行して提供します。

    NPOだからこそできる、複数業種のプロに直接学べるプログラムです。

     

    異業種交流(マッチング)

    実績とパイプが豊富な人材バンクとして、異業種間をつなぐプロジェクトを実施します。

    直接つながりにくい業種間の橋渡しも、当会を介して実現します。

     

    PR

    圧倒的な母数を持つアーティストのフォロワーを通じ、効果的なPRを実施します。

     

    地域振興

    地域振興と若者の社会参加の両立を推進します。

    地域の活性のために、SNSの活用からインフラの有効活用までコンサルします。

     

    国際交流

    音楽やアートを用いた国際交流プロジェクトを行っています。

    参加の意義

    組織の中でだけ機能するのでなく、社会の様々なシーンで自分のスキルや経験を生かしたいと思う人が増えています。

    社会問題の解決のためのプロジェクトに自分の力を役立てられるかもしれません。

    アーティストに限らず「きっかけがほしい」「思いを実現したい」といった方はぜひ一緒に考えていきましょう。

    CSRの一環、異業種との交流、若者のサポートなど、社会貢献と自社メリットを日頃から念頭に活動なさっている法人や団体の皆様にも活用いただけます。

    また、単独で行うプロジェクトには事業の拡張性に限界がありますが、会員同士が当会内での活動実績を共有することで、全方位に事業展開の可能性が広がります。

  • 説明資料

    スライドショーでご覧いただけます。

    >>>定款はこちら<<<

  • SNS

    協会のイベント情報や、会員のみなさんの日々の活動は、SNSもご覧ください。

    Facebook

    Twitter

    @official_jaa

    JAA通信

  • お問合せ

    開催のご依頼、プログラムについてのご相談・ご質問等、お気軽にお問合せください。

  • 私たちの思い

    ”自分にもできる”

    若者が希望を持てる社会を作りたい

     日本アーティスト協会は、国内外で活躍する現役アーティストを中心に設立した社会貢献団体です。
    若者の社会参加をサポートするための企画、音楽やコンテンツの制作、教育、プロボノ派遣などを行っています。

     

     アーティストは、年間に1万人以上の人と出会い、SNSをフル活用し、常に情報を発信しています。

    その影響はエンターテインメントとしてだけではなく、教育、福祉、まちづくり、企業PRなど多岐に渡り役立っています。

      しかし、一般の方にとって音楽業界の仕組みは複雑で、アーティストの社会的価値もわかりにくいため、正当な報酬や評価を得にくく、継続した活動になりにくいという問題があります。

    パフォーマンスを目にした被災地や貧困国の子どもや若者が志そうとしても、「飯が食えない」という周囲や社会の声から、その夢を絶たざるを得ない残念な現状もあります。

     この問題をアーティスト個人で解決することは難しく、社会に活かせる能力を持つ志ある若者が、限られた環境の中でもがき、才能を無駄にしてしまっています。 

     

     そこで、メジャーデビュー経験、テレビ出演、プロのコーラス、ビジネス経験などを持つメンバーを中心に、社会での役割を担う職業としてのアーティスト像を提案すべく、当協会が発足しました。

     

     まず、アーティストの持つ力を社会的な価値へ変換したり、場や組織とのマッチングといったサポート役を担うのが私たち日本アーティスト協会でありたいと思っています。

    企業や自治体の皆様の「単独では実現できない」「事業形態の壁があって手を取り合えない」「協業の仕方がわからない」といった業務上の悩みも、社会貢献を目的としたNPOである私たちを窓口にすることで実現可能になります。

     

     また、近年、メンタルヘルス、子どもの貧困など、容易には解決できない社会課題も多数あります。

    誰もが「自分にも何かできないだろうか?」「これならできるかもしれない」と少しでも前向きに社会参加できるようなイベントを、地域住民の皆さまをはじめ、教育機関や社会福祉団体など各所と推進し、解決の一助になるべく精進いたします。

     

     さらに、アーティストや関係者が悩まされる制作やイベント現場での問題解決のために、勉強会の実施やウェブサービスの提供などを行います。

    業界を越えたビジネス交流を行うことで、より幅広い知見と価値の発見につなげ、音楽やアートなどをカジュアルに楽しんでいただけるような仕組みをご用意します。 

     

     このように、私たちは、異業種とのマッチングや協働、社会問題や業務上の課題の解決と同時に、子供や若者が目指せる「新しいアーティスト像」を提案していきます。

     また、その道のプロの価値を知ってもらい、提供するサービスの質を担保することは最も大切なことですが、ビギナーや若者世代のスキル向上のために、時には失敗も許容して共に成長する意識も大切だと考えています。

    そのことが、ひいては現在第一線で活躍するアーティストの価値の向上にもつながると確信しております。

    ぜひ、プロフェッショナルな方にこそ、積極的に活動にご参加いただければと思います。

     

     特定の人に利益を分配することを禁じているNPOの特性を生かし、公正に幅広いフィールドの方と協力して事業を進めてまいります。

    教育、福祉、まちづくりに本気のみなさんと共に、若者が希望を感じ、音楽を通じて積極的に社会参加できる世の中を作ることができたら幸いです。

  • 入会申込み

    当会は国に認可を受けたNPO法人です。

    活動にご賛同いただける方はぜひ入会をご検討ください。

     

    ※注意※

    原則、NPOの概念、当会の方針をご理解の上、お申し込みください。

    「入会と引き換えにイベント出演を優遇する」

    「参加率が低い方や寄付者に特殊な報酬を支払う」

    など一部の利害関係を保証するものではありません。

  • 会費などのお支払いについて

    ◆当会における決済は、楽天市場など多数のECサイトで導入されている「後払いドットコム」というシステムを採用しております。

    公共料金を支払うのと同じ要領で安心して決済していただけ、3つのメリットがあります。

    ①ハガキ型の請求書がご自宅に届きます。

    ②コンビニや銀行などでお支払いいただけます。

    ③支払票をそのまま領収書として保管いただけます。

     

    ◆決済手数料の324円を追加した額が請求額になります。

    (例)3,000円の入会金⇒3,324円のお支払い

    フォームでお申込み後、当会にかわり株式会社キャッチボール(後払いドットコムの運営会社)より請求書が送られます。

    請求書発行から14日後までにお支払い下さい。

    14日以内にお支払いがない場合再度の請求ごとに300円の再請求発行手数料がかかります。

    詳細

    請求書サンプル

  • Q&A

    よくある質問をまとめました。

    Q. 会費の使途は?

    A. 活動経費になります。

    イベント開催時の機材費や人件費のほか、プリント代、輸送費、会議室の費用などの事務費に充てられます。

    Q. どんな人が参加しているの?

    A. アーティストに限らず、あらゆる職種の方が参加しています。

    音楽や参加しているアーティストが好きという人、特技を社会のために活かしたい人など、様々な人が参加しています。

    Q. 参加するメリットは?

    A. 普段の活動では得られない社会的な価値、やりがいを得られます。

    ブランディングに役立てたい、自分のビジョンを追求したい、業種を越えて事業展開をしたい、などメリットはまちまちです。

    ぜひ現場へお話しに来ていただくか、お問い合わせフォームから面談のお申し込みをどうぞ。

    Q. 参加するデメリットは?

    A. しいてあげるなら、積極的に参加をしなければ成果が出ない点かと思います。

    私たちの活動は、普段のみなさんの活動+αのエネルギーを要するわりに、即成果に繋がるものではありません。普段の活動と方針が近い方でないと、辛いこともあるかもしれません。

    Q. 会員には何を提供してくれるの?

    A. 場や機会の提供に努めますが、一方的な援助が目的ではありません。

    NPO法人は社会貢献のために集まる組織です。内部でメリットの分け合いをすることが目的ではありません。社会課題へ取り組み、当会の価値を共に育てていくことで、自分たちの活動へ還元されます。

    Q. 本当にアーティストのためになるの?

    A. 既存の「アーティスト」の価値観を変えることが私たちの目的です。

    「デビューしても食えない」「いつまで続くか不安」といった現状のアーティスト像ではなく、「社会に必要な役割を担う存在」としてのアーティストを職業として定着させることが私たちのミッションです。

  • NPO法人とは?

    日本はNPOの発展が遅れていると言われています。残念ながら経営者でもNPOの実態をご存じ無い方や誤解されている方もいらっしゃいます。私たちの存在がNPOの正しい理解と活用の一助になれば幸いです。

    NPOとNPO法人

    NPO(Non-Profit Organization)は、政府の支配に属さない組織・団体である事を意味して「非営利組織」「民間非営利組織」と訳されます。民間のボランティア活動を始めとする様々な非営利活動の団体の総称が「NPO」です。

    1998年に制定されたNPO法(特定非営利活動促進法)に基づいて、内閣府などから認可を受けて正式に法人格を取得したNPOのことを「NPO法人=特定非営利活動法人」と呼びます。

    NPO法上の非営利活動とは、ボランティア(無料奉仕)や非収益を意味するのではなく、事業収入から経費を差し引いて「利益が出ても団体の構成員に分配しない」という意味です。よって株の発行や、あいまいな名目での経費は認められません。

    組織を維持し継続的に活動を行うための資金を得ることはもちろん許されていて、以下にある特定非営利活動、その他の事業、寄付金、会費、補助金、助成金などが資金源になります。

    会員は人件費や報酬、正当な使途の経費、労働に見合った給料をもらうこともできます。

    利益が出た場合、次年度の予算や設備投資などに使われ、次年度の会計に繰り越します。

    ちなみに以下の表記はすべて同じ意味です。

    (特)日本アーティスト協会

    (特活)日本アーティスト協会

    NPO法人日本アーティスト協会

    特定非営利活動法人日本アーティスト協会

    NPO法人の要件

    特定非営利活動を行うことを主たる目的とした団体であり、次の要件を満たすことが必要とされています。

     

    1.営利を目的としないこと(利益があがってもそれを構成員で分配せず、また解散時にはその財産を国等に寄付する)

    2.社員(総会で議決権を持つ正会員のこと)の資格の得喪(入会したり退会すること)に関して、不当な条件を付さないこと

    3.10人以上の社員がいること

    4.役員のうち報酬を受ける者の数が、役員総数の3分の1以下であること

    5.宗教活動や政治活動を主たる目的にしないこと

    6.特定の公職者(候補者を含む)又は政党を推薦、支持、反対することを目的としないこと

    7.暴力団でないこと、暴力団又は暴力団員の統制の下にある団体でないこと

    特定非営利活動とは

    特定非営利活動とは、以下の20種類の分野に該当する活動であり、不特定かつ多数のものの利益に寄与することを目的とするものです。

    1. 保健、医療又は福祉の増進を図る活動
    2. 社会教育の推進を図る活動
    3. まちづくりの推進を図る活動
    4. 観光の振興を図る活動
    5. 農山漁村又は中山間地域の振興を図る活動
    6. 学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動
    7. 環境の保全を図る活動
    8. 災害救援活動
    9. 地域安全活動
    10. 人権の擁護又は平和の推進を図る活動
    11. 国際協力の活動
    12. 男女共同参画社会の形成の促進を図る活動
    13. 子どもの健全育成を図る活動
    14. 情報化社会の発展を図る活動
    15. 科学技術の振興を図る活動
    16. 経済活動の活性化を図る活動
    17. 職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動
    18. 消費者の保護を図る活動
    19. 前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動
    20. 前各号に掲げる活動に準ずる活動として都道府県又は指定都市の条例で定める活動
  • 関連プロジェクトの予定